スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 見たいに決まってる!
2006.07.29(Sat)
http://www.spaceshowertv.com/sstv/program/special/index.html#flippers
↑コレが見れないのがマジ悔しい!!!
なんだよ未公開映像って!一般電波に流してくれ!!!
誰かに録ってもらおうかな…。。。
スポンサーサイト
// 09:56 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(0)
 購!入!
2006.07.26(Wed)
20060726163616
聴くぜ、聴くぜ!聴きまくるぜ!!
// 16:36 // 携帯発信 // Trackback(0) // Comment(0)
 ヤバイ人達
2006.07.24(Mon)
明日は英語と哲学と教育心理学のテストだ。
英語はヤバすぎて涙も汗も出ないね!

てか、僕はよく「ヤバイ」ってよく言ったり書いたりするんだけど昔、小沢さんの口癖も「ヤバイ」だったらしい。
「この曲ヤバイ!」とか。
「この紅茶ヤバイ!」とか(イイ意味で)言ってたみたいです。
小さい情報だな;

◇実際フリッパーズってどれだけ口が悪かったんだろう?実際そうでもないのかも―な~んて考えてたら最近YouTubeなんかで昔の映像見てるとマジで口悪い(いや態度も?笑)感じが出てるのでマジ…メロメロです(笑)
「なんて人達だ!」とか言いながらガンガン机が叩きたくなる衝動にかられてしまいます。
病気かなこれは?(笑)
// 03:17 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(2)
 あの景色はいつの記憶か
2006.07.22(Sat)
最近更新していないので最近あったことをダラダラ書いていきます。
しょーも無いことばかりです。

■最近はもう夏のように熱い日差しが町中を焼いているのにどうしても梅雨が明けてくれません。なので晴れの国はジメジメ蒸し蒸しした毎日が続いています。
川の水は茶色くにごり氾濫し、太陽の日差しは最新式のレーザー光線のように晴れの国の人々の皮膚を焼いています。
色白を気にしている僕は例え今の紫外線が体に毒でも何も塗っていないのですが(風呂に入るとき皮膚が水を弾くのもなんか気持ち悪いし)、何年後かに何かしらでツケが周って来るのだと思うと怖くなる日々です。僕は程よく焼けたいだけなんです。
元気なのに体調悪いの?と尋ねられる日々を脱出したいのです。
あ、そういえば最近知らないおじさんと相合傘をしました。
いや、間違い。愛はありません;
僕が朝方自転車を駅においているので母の車に乗って駅に行ったのですが、駅前は道が狭いので駅の近くで降りて歩いていたんです。
車を出たときから雨は降ってたんだけど、傘を持っていなかったのでそのまま歩いてたんです。
そしたら僕の前をスーツを着たおじさんが歩いてて、踏切を過ぎたくらいに僕の存在に気がついたみたいで「君、傘無いの?」と言われ頷くと「まァ、入りなさい」と言われ(ほぼ)強制的に傘の中に入れられました。おじさんとの相合傘。。。朝から悲しい朝だなァ…と思いましたが駅に着いて「ありがとうございました。」って言った後のおじさんのその紳士的な素振りにはメロッときました(ヤベ)笑
男はあーでなくては。
でも最近知らない人によく声を掛けられるんだよね@@
この前なんて全然知らない人と夜中一緒にバイト先から帰ったし;(こんときの事もまた話します)
世の中って人と人との関係を難しくしてるようで簡単にしてるような気がする。

■そんな紳士に憧れる僕もただいまテスト期間中です。
と、言っても木曜日にあった教育学言論のテストなんて行きの電車の中で○岡と佐々○に教えてもらって知ったくらいで、危機感も感じていなければやろう!という気力さえ湧いてきません。しかもこの時は他の課題の提出期限に追われていてそっちばかりを進めていたのでテスト勉強やってる余裕なんていっこも無かったんです。
説明するとその課題と言うのが1ヶ月間妄想の中でヨーロッパ旅行をするというもので飛行機・電車の時間を調べその通りに書き、毎日何処に行ったのか・何を食べたのか、絵・写真・地図付きで説明し、それを一ヶ月間進めて大学ノートにまとめて提出すると言う馬鹿げた課題が出たわけなんです。
普通に考えると楽しそうな課題なのですが、海外コンプレックスの僕にとってここまで嫌な課題はありません。しかもただいまPCのプリンタが壊れていてインターネットから写真が取れないので自腹でフランスの旅行雑誌を買う始末。実際は行ってないのに「行っている」に限りない妄想を強制的にやらされると言うのは苦痛以外の何物でもありませんでした(しかもバイトで帰ったら寝るだけの生活。)
よって最初の3日間だけ書いてほっておいた結果残り27日間を僕は提出期限の2日前(提出日はテストのあった木曜日)から始めたと言う訳なんです。
西洋美術史はテストが無くてコレが成績基準となるので絶対に出さなくてはならず、死ぬ気で木曜日は夕方6時半なるまでやっていました。
でも今は無事提出できて一安心してます。
でも当分海外は避けたい気分です。

■そんな僕のひーおばーちゃん(以下「ひーばー」と省略)が木曜日の夜に死にました。
102歳でした。
でも全然悲しくありません。
最初にひーばーの様態がおかしくなったのは今から丁度一ヶ月前くらいでその時すでに危ない状態だったひーばーはもう明日か今日には死ぬと医者に言われていたんです。
その事を世話をしていた親戚のおばさんから聞かせられた夜僕とかーさんはすぐに病院に行きました。僕も昔入院していたその小さな田舎の病院は昔と何にも変わっていなくて、いつもと変わらぬ薬品の匂いでいっぱいでした。未だに嫌いな手術室のある薄暗い2階を通って入った3階の一室にひーばーは小さくなってそこに横たわっていました。「小さくなった」と言うのは印象で人がよく年をとった時に感じるあれです。ひーばーは脳の血管が切れたらしく喋ることが出来ず絶えず痙攣していました。そんなひーばーを僕とかーさんは長く見る事が出来ず30分ほどで病院を後にしました。
僕とひーばーとは約8年間ほど一緒に暮らしていました。
ひーばーは昔から元気で90歳後半になっても一人で田んぼへ行って畑仕事をしていたくらいで近所の人からも長生きだねとよく言われていました。なので学校でも自慢することが出来ました。
しかしやっぱりそこは100以上生きた人で段々と体にガタが来てある日家の中で転んでしまい立てなくなったんです。昼間弟と僕は学校でかーさんも仕事があったのでひーばーの面倒を見る人がおらずそんな時にまた転んで大怪我でもしたらと考えると入院は逃げれない道でした。
それまでにもひーばーは何度か入院していて、病院が嫌いなことは知っていたのですがどうしても一緒に暮らすことは出来ませんでした。そして、無理やり入院させた思いからか僕等家族はひーばーを入院させてから死ぬまでの3年間ほどの間に1度か2度しかお見舞いに行きませんでした。
その間にもよくお見舞いに行っていた従兄弟のおばさんから「病室で、青君のことばかり呼んで床をはって帰ろうとしたんだよ」なんてゆう事を聞かされてその後ろめたい気持ちに拍車がかかっていきました。
初めて大学入学するときに着たスーツ姿を見せてやろうとも思いました。でもそれも途中で気持ちが折れて出来ませんでした。
そして昨日。
久しぶりにまた嗅いだ薬品の匂いの中にひーばーは口を大きく開けて死んでいました。周りでは親戚等や看護婦が何人か集まって泣いていました。でもそんなひーばーを見ても僕は涙一つ出てきませんでした。
笑ってたくらいです。

勿論悲しいのは悲しいのです。
昔学校から帰ってくると玄関で手からダラダラ血を出して押し車に座っているひーばーがいて、ビックリしてすぐに従兄弟の車に乗って夜中の大学病院に連れて行った事がありました。原因は本人が言うには猫にやられたと言うのですがその骨が見えているほどの傷口の深さから自分で鎌であやまって切ってしまったんだろうと思いました。かーさんと弟は病院には行かず、僕だけが付き添い行きました。見るなと言うのに僕が家で傷口に当ててあげた布を取ろうとするのでたまに笑いながら頭を叩き注意しました。ひーばーの性格はほっておけない感じの人だったんです。しかも僕とひーばーはどこか性格にも似たところがあって家族の中でも一番中の良い関係でした。
そんな僕の行動にひーばーも好いてくれていたのか病院ではそうした痙攣が起きる日まで僕の家へ帰ると言っていたらしいのです。
そんな一人がいなくなって悲しくないわけ無いじゃないですか。

僕は痙攣が起こって病院に行った日の次の日。
大学に行く前にひとりでひーばーに会いに行きました。5人部屋の3つベットが並ぶ真ん中のベットに寝ていたひーばーは相変わらず痙攣をしていて喋れる状態ではありませんでした。ひーばーはガリガリにやせていていました。でも僕が顔を覗き込んで「ひーばー」と呼びかけるとかすかに眼が動いてこちらをみていました。でも、そんな時も涙なんて出なかったのに、僕が来ていることに気がついた一人の看護婦さんが僕に話しかけてきて「あなたが青君?おばーさんがよく呼んでたんよ。」と言って去っていった時、急に悲しくなって涙が出てきて目の前が全部滲みました。
体がおかしくなるまで僕を呼んでいたのに僕が会いに来たのは数回で、しかも僕の力では家に帰らせてあげることも出来ないという状況に悔しくて申し訳なさ過ぎて頭がおかしくなるほど熱くなりました。
人前で泣くのが嫌な僕はひーばーの手に少しだけ触れて病室を飛び出しました。そして自転車に乗って大学に行くのに駅に向いました。
本当はずっと一緒にいてやりたいのにそれがどうしても出来ませんでした。涙で前を見る事が出来ませんでした。自転車に乗ってるときだけ、僕は人の眼なんて気にしていませんでした。全てが悲しくて。悔しくて。
あの日あの病室の窓から漏れてくる日の光はどこか昔ひーばーと僕が一緒に住んでいた大きなうちで過した日々の中で見た景色にソックリでした。実はひーばーが死ぬ日の夕方、僕は昔から自分の記憶の中にあった景色を2つ見ました。一つはバスから見た霧で真っ白になった橋の上からの景色。もう一つは電車の中から見た青く霞がかかった景色。これはどちらも僕が好きな景色にしてどちらも捨てきれない記憶の断片。
こうした記憶のどこかにある景色をみると小さい頃の事をよく思い出すのですが、これがひーばーが死ぬまいぶれだったのかひーばーが僕に見せてくれたのかは解りません。が、全く関係ないとはなぜか思えません。
そして昨日。ひーばーが死んたと聴き、僕はまたかーさんと共に病院へ行きました。9時半頃だったと思います。病院はすでに静まり返っていてひーばーが移された個室だけに電気がついていました。中に入ると看護婦と親戚等が座っていて、すぐに僕を病室の奥へと案内しました。そこで対面したひーばーは静に眠っているように死んでいました(よく家にいた時も口を大きく開けて寝ていたから)そんなひーばーの死に対面しても僕は全然悲しくありませんでした。病室にいた親戚の小さな女の子とほぼ一緒の表情をしてそこに立っていました。実感がまるでありませんでした。というより人一倍覚悟が出来ていたからだと思います。
従兄弟のおばさんには少しは悲しくないのか?という顔で見られたりもしましたが、「だってね、100年以上も生きていたのに嬉しくない分けないよねー。」とひーばーと一緒に言ってやりたくなる気分でいっぱいでしたから。
僕等が悲しんでてはいけないんだ。
僕等は彼女を笑って見送ってあげなくちゃ。
そう思うから僕は今でも悲しくないんです。

■そんな僕は今日もちゃんとMステに出てるくるりとリップスライムをちゃんと録画しました(先週もちゃんと撮りました)
ついでに僕等の音楽の岸田さんも見ました。
「ばらの花」はヤべー!(笑)
ベスト欲しいな~。。。
あ、てか明日から「ハチミツとクローバー」と「パイレーツ・オブ。カリビアン」が始まるよー!!;ゼッテー忙しいよ;
祭りにでも行きたいな。


長くなりました。しかも大きく記事書いたと思ったら随分と暗くなったね;でも書けて少しスッキリしました。
// 03:13 // 今日の出来事 // Trackback(0) // Comment(0)
 渋谷系配信スタート!
2006.07.22(Sat)
as.jpg
奥さん聞きました?@@
ListenJapaniTunes Music StoreMoraでフリッパーズが配信開始なんだってさ。
これは是非今までフリッパーズを聴いたことの無い人にダウンロードしてもらいたいね。
つーかさ、あー…もーカッコよ過ぎなんですけど。
今年の夏もビートでゴーゴーワイルド・ワイルド・サマーだよ。(笑)。

しかもListenJapanのところでは暴力温泉芸者やカヒミさんなどのTRATTORIAレーベルのCDも配信してました。
想い出波止場「VUOY」は是非僕も買いたい@@
// 01:08 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(0)
 夏空
2006.07.13(Thu)
20060713152419
大学メッチャ暑い…。
まだ7月入ったばかりなのに;
// 15:24 // 携帯発信 // Trackback(0) // Comment(0)
 Cornelius「BREEZIN'」発売!
2006.07.12(Wed)
コーネリアスは9月にもシングル出すみたいだね@@
これだけシングル出るのが続くとアルバムもすぐかな。

楽しみが続くな~^^
// 18:51 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(0)
 渋谷系の王子に子供?
2006.07.11(Tue)
mixiで流れてる情報で知ったんだけど、小沢さんのHPには裏があってそこには子供の写真もあるみたい@@
真偽はわかんないけど目が似てるとか言われてるっぽい。
王子は結婚したんだろうか??
でもしててもおかしくない気もするが…。

どうなんでしょうね、この情報は。。。
---------------------------------------------------------------
今、見てきました。
目はー…僕的には微妙でした。
でもあれは王子の日記なんだろうか?
// 19:36 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(2)
 制作中
2006.07.11(Tue)
20060711051503
スランプ。
でもカエラさんの新曲聴きながらなんとかやってます@@
-------------------------------------------------------
くそ、透明感が出やしない!マットすぎる。。。
// 05:15 // 携帯発信 // Trackback(0) // Comment(0)
 これラヴィ
2006.07.08(Sat)
20060708005726
借りました@@
「ラウ゛ぃ」と「Juice」に入ってるくるりバージョンの「ナイトライダー」が好き。
// 00:57 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(2)
 どんな映画?
2006.07.02(Sun)
一つニュースです。
「代官山物語」がDVD化するそうです@@
って僕見たこと無いんだけど;
今度公開する「男はソレを我慢できない」(←前に記事にも書いた竹仲直人さんが今夜はブギー・バックをカバーする映画)の監督信藤三雄さんが初めて作った映画らしいです。
それが出てる人が目茶目茶豪華で佐々木潤・夏木マリ・斉木しげる・テイトウワ・UA・かまやつひろし・野宮真貴・小山田圭吾ってゆう渋谷系アーティスト出まくりの映画らしいです。

しかも初回限定盤は小西康晴プロデュースによる夏木マリ「いいじゃないの幸せならば」や筒美京平書き下ろしのエンディングテーマなどを収録したサントラが付属したスペシャルパッケージ仕様。

一体どんなんだろうね@@
スッゴイ見たい!!!!!
--------------------------------------------------------------
HMVで再発版初回特典のサンプル画が出てました↓
http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=605300056

Oliveの広告の復刻フライヤーはヤべーな。。。

// 01:44 // 音楽 // Trackback(0) // Comment(0)
 謝罪
2006.07.02(Sun)
あーらーらー。
気がつけば全く更新してない;
最近バイトと大学課題でパソコンを開いてるヒマが全く無いのです。
来て下さってる方々には申し訳ないです。

で、記事書きたいのですが明日も朝早くからバイトなので書けません(オイ)
また暇になったらドバッと記事書くので…ごめんなさーい。
// 01:29 // 今日の出来事 // Trackback(0) // Comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。