スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 シモン人形と僕
2007.06.29(Fri)
四谷シモン前編
四谷シモン前編
四谷 シモン (2004/11/16)
学習研究社

この商品の詳細を見る


この更新してない一ヶ月の間色んな事を考え、また体験してきたのですがその中でも自分の中に一番強く残っているのが大学のツアーで参加した四谷シモンの人形を見に行った事で、ずーっと見たかっただけにこの体験はとても嬉しかった。

香川県に四谷シモンの人形を16体ほど展示してある建物があって、本当はその日は休館日だったんだけど大学から30人ほどの人数が来ると言うことで特別貸切で開けてもらえたんです@@(行ってみたらわかったけど、結構マニアックな場所でした;絶対一人じゃ来れないと思った。)
建物は入ってみると概観からは想像できないほど古くて、まるで明治の洋館に迷い込んだような雰囲気でした。そこが四谷シモンも気に入ったらしいんだけど人形が放つ独特な威圧感ととても合っていました。

人形は少年や、男、天使などが多く展示されていて(一部の人形は隠すように置いてある)どれも生きているようでした。近くで見ると分かったけど毛が植えつけてあるものまであって、初めて見る女の子なんかはコワいコワいと言っていました@@
でももう僕は欲しい!欲しい!の連発ですよ!!(笑)
「あのー・・・少年の人形持って帰っていいですか?」みたいな^^(写真がOKだったので何枚か友達に撮ってもらったんだけどね)
でも一番欲しいのは女の子の人形なんだけど。。。ここには女の子の人形があんまり無かった事だけが残念でした。見たかったー!
でも、代わりに澁澤龍彦の直筆原稿を数点見る事が出来て血が沸きあがりました。しかもそれらがかっこいい事が書いてあってさ!!!もー!
「あのー・・・この原稿持って帰っていいですか?」みたいな感じでした(笑)

天気も雨が降りそうに薄暗く、応接間ではシモンが選んだ音楽が流れてて、その中で人形とその澁澤龍彦の言葉に触れている時間はとてもとても幸せで1時間ほどで離れなければならないのが残念でした。
最後に入り口でサイン入りの上の本を買い、毎日数ページ読みながら四谷シモンの頭の中を覗いているような気分に浸っています。あの死んでいるようで生きている人形を思い出しながら。
また是非観にいきたい!
10代の思い出がまたひとつ増えた。
スポンサーサイト
// 22:44 // 今日の出来事 // Trackback(0) // Comment(2)
 HELLO.
2007.06.29(Fri)
ただいまかけるただいま!!

今日からブログ再開します@@
てか、ほぼ一ヶ月パソコン触ってなかったので実はパソコンが復活しても4日ほど何もする事が出来ませんでした;今まで摂取していた情報を一から取ろうとすると、もう途方にくれたというかなんと言うか・・・。
でもなんとか今日から復活します。
コメントを下さっていた方々、更新が無いのに一ヶ月間このブログに足を運んでくれた方々にはホント感謝です。
これからもどうぞよろしくお願いします。


:::

短縮一ヶ月日記。
これまた曖昧。

6月7日。
乙女とパイレーツを見に行く。
初めてフレーバーポップコーン(チーズ味)を食べる。途中しょっぱかった。
映画は物語りもそれなりに楽しめたが一番の印象はディズニーの技術に対する力量だった。なんであんなのが作れるんだろう。
でも少し最後の方テンション壊れてると思った。
帰りの乙女の車の中、この映画の感想であまりに感じ方が正反対の部分があって大爆笑しながら帰った。

6月15日。
夜にラピュタがあるので朝からの悪天候も全て嬉しかった。
本来4・5時間目にあたる時間は先輩の講評会を見せて貰った。来年僕等も参加しなければならない毎年ある現代表現コースの展覧会である。
偉い作家の先生が何人かいて、その中には高橋秀もいた。この時は初めて本物を見た。仙人みたいだった。
形的には先生が座っている前に大学院の人から今の三年生までの人の作品を順番に並べていって、それを横で描いた本人が説明するのである。僕らは先生の後ろにある席に座って聞く。
厳しい事を言われている人もいれば良いと一言言われる先輩もいた。だけど先生が良いと言う作品は本当に部屋に入ってきた時点で聞いていた僕等も良いと感じている事が多かった。これが芸術かと少しコワくなった。

夜。ラピュタをマジ見。やっぱり面白かった。
でもラピュタはもう小さい頃から見ているだけに見てると一緒に昔のことまで思い出して少し心が暗黒した。
今日は父の事を思い出し、声も覚えていない事が悲しくなった。
別に欲しくはないのだけれど。

6月16日。
前から壊れていた自転車を直しに行く。帰りに古本屋で「吸血鬼」を買う。勿論春陽堂のを。
夜、バイト。今週は出勤が少なかったので久しぶりと感じる。
バイト中「舞妓Haaaan!」のハッピを着る。しかもドピンク!!
でも似合うといわれ仕事中着続ける。
寝る時少し暗黒。大学の学費の話をされて大学を辞めたくなる。
やめてもいいよ、もう。なげやり。

6月?日。
「いちばんきれいな水」を見る。
加藤ローサは可愛くて(寝てる時はさらに可愛い)カヒミさんは相変わらず神秘的要素みたいなものを持っていた。
話も良かった気がする。

久しぶりに泣く。久しぶりに心臓に傷が増えた気がした。

6月23日。
古本屋で500円で岩井俊二監督の「Love Letter」を買う(ちなみにビデオ)。
バイトに行く前に見て感動する。やっぱり良い。

6月24日。
猪熊源一郎の美術館と四谷シモンの人形を油画のツアーで見に行く。
また他のコースの仲間入りである(前は若冲の日本画コースだった)

もちろん香川に行くというのでお昼はうどんを食べる。
地元でも十分食べているがどうしてもここは食べておかねばならんだろう・・・という感じだった。でも駅近くのうどん屋に入るとうちの大学の人ばかりで少し悲しかった。ちなみに僕は肉うどんを食べた。

天気は朝から曇り空。梅雨っぽい。
でもおかげで美術館も人形館もより楽しめたような気がした。

地元に帰るとTUTAYAに行き、これまた中古で「FRIED DRAGON FISH」をなんと100円にて購入する。23日に買った「Love Letter」とこのビデオはずーっと見せたかった友達に買ったものだ。
良い物はやはりだれかに知って貰いたくなる。

6月26日。
澁澤龍彦と山の上で女の子をあやす夢を見る。変な夢。
昼。モダンチョキチョキズのDVDを見る。元気がでる。

6月27日。
ドイツ語をサボる。
バイトが長引き夜中の1時15分くらいまで仕事をする。
ぐったり。

6月28日。
版画をやる。
銅版を入れていたファイルを無くしてしまい、先生に言うと一から作らせてくれた。しかももうどうにでもなれ!の根性でやったら中々の銅版の下絵が出来たし、いつもより多く刷れた。
少し版画を続けてみたいと思った。

6月29日。
学校に行く前に美術館に寄る。
今までよく行っていた美術館に現代美術の建物があると知らなかったのでそこに行って来たのだ。
そこには今をときめく有名現代美術作家の作品が沢山展示して感動した。
最近有名な名前を挙げると草間彌生、会田誠、やなぎみわ、山口晃、蜷川実花などだ。どれも本物はやはり印刷物とは違う面白さを感じさせてくれた。

大学に行くまでに乗った電車の中で高校生が騒いでて、いきなりさっむいダジャレを言い合い出した時は集団自殺してるのかと思った。
(その中に「ダジャレを言っているのはダレジャ!」みたいなシャレを言っている奴がいて、友達まで凍らせていたが声がヌルピョンのテンションと声に似ていたのが笑えた)
そしてその会話が終わったと思いきや次はドラゴンボールの話題になり、ブルマだブラだチチだ!と思春期っぽい会話をしていた。なんとも目をそらしたくなるような痛々しい若さだった。

昼。食堂のおばちゃんに性別を間違えられる。
おかげで頼んだカツカレーは大盛りになって帰ってきた。
嬉し・・・・かった。

授業で絵の具をいくつか塗りたくってみるがやはり自分の作品としては見る事が出来なかった。やはり僕には絵の具は早い。

最近家に帰りたくなくて教室に居座る。
大学を止めたら僕はどこに行けばいいのだろうと少し考えた。




// 21:45 // 今日の出来事 // Trackback(0) // Comment(0)
 このブログを見ている皆様 へ
2007.06.10(Sun)
皆様、お久しぶりです。
青です。
最近記事書けなくてスミマセン@@;ある事情によりパソコンが使えなくて、今はブログを一時ストップさせて貰ってます。
メッセージを頂いている方々には申し訳ありませんが、返信は今しばらくお待ち下さい。
早ければ今月中には帰って来ますので。

:::

ちなみに最近の僕はパイレーツを見に行ったり、くるりのコンサートチケットを手に入れようと必死になったり、絵を描こうと構図を考えたり、クラムボンの新作借りたり、喉が痛くてバイトに行きたくなかったり、そのバイト先で夏にポ〇モンのかぶりものかぶる役やらされる事になってテンション下がったり(絶対暑いぜッ!!)、変な夢に一日左右されたり、新しい靴を買ったり、「ライアーゲーム」のあの五月蝿いキノコが気になって仕方が無かったり、新しく変わるバイトの制服のダサさに愕然っしたり、あの人の事を思い出してまた泣いたり、一人問答を繰り替えしたり、ちーちゃんが産んだ子供を撫でたり(4匹も産みました)、若沖の次は四谷シモンを見に行こうとまた違うコースのツアーに参加しようとしてみたり、STUDIOVOICE買ってデザインの世界に浸ったり、Jubileeを聴いたりと特に変わった変化もなく生きてます。

では皆様、また再開する日までさよならです。
またね〆
// 06:56 // 携帯発信 // Trackback(0) // Comment(2)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。