スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 告白
2010.06.10(Thu)
今日は休みだったので一人映画見に来ました。
遅刻から二週間・・・ようやくパス解禁です(笑)

観たのは「告白」。

kokuhaku.jpg


よそ見をすることなく終わった二時間。
映画を見終えた後劇場内がのまれている瞬間を感じたのは久しぶりでした。
母を思い父を思いの暗黒劇はあんまり好きでは無いのですが中学生たちの演技は本物で松さんの演技も本物で
この信じ難くフィクションのように存在する現実を突き付けられ信じるほかにはない気持ちにさせられました。
血が飛び散る様子はやはり耐えがたいものがありましたがそれでも飲み込むしかありません。
誰も悪人ではないと語る物語の背景。
個人的には全員悪人と仕立てあげた方がすっきりします。安心します。
ごめんなさい。
なぜ謝らなければならないのか、それを考える映画だと僕は思いました。

バカになるしかない教室。爆破のスローモーション。
あのシーンは忘れないでしょうね。
// 21:33 // 今日の出来事 // Comment(2)
<<夏の茄子 | ホーム | 猟奇の果>>
コメント
 気になるー!
原作が文庫になっているので、
先に読んでみようか、どうしようか、悩んでいます。
原作者の他の話は読んだことがあって、
それは、まあまあおもしろかったんですよ。

それにしても、青さんの日記読むと、
先に見た方が良いような気がしてきました。
興味津津。
// 2010.06.11 // 22:19 // URL // やま // edit //
 
僕は原作読んでないですが映画でもうなんか満足です(笑)
映画の方が原作よりもう一歩踏み込んで作ってあるって何かで言ってましたし。
なんとなくですが、僕には苦手な作家さんのような気もします。
でも好き嫌いはよくないですよね。。。。

映画先でも全然良いと思います@@
逆に小説がイメージしやすくなるかもしれません。
イメージしなおすと怖い映画ですが。
// 2010.06.12 // 02:14 // URL // ao // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。