スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 朝から子曰く
2010.06.26(Sat)
魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/25)
谷村美月柄本明

商品詳細を見る
暇すぎて朝から「魍魎の匣」見ちゃいました。
やっぱりこの映画は面白いね。
50年代の雰囲気がたまらなくいい。
多分僕は現代よりもこの時代に生まれてた方が合ってたかも。
何もかもに生き急ぐ感じと荒々しい全てが。
この監督さんと俳優さんたちで次も京極堂シリーズやってくれないかな@@
中国ロケで。

2007年の大みそかに見たのが懐かしい。
// 17:49 // 今日の出来事 // Comment(2)
<< | ホーム | ツアーT>>
コメント
 原作も。
京極堂シリーズ、原作もおもしろいですよね。
物語が回り始めるまでが、時々つらいけど…。
魍魎の匣、といえば、「みっしり」という擬態語だと思っているんですが、
そのあたり、映画ではどう表現されているのか、気になります。
// 2010.06.27 // 00:29 // URL // やま // edit //
 
確かに京極さんのは出だしでギブアップしたままです(まだうぶめ読んでないです・・・)映画では「みっしり」とよく出てきてます。セリフで。映像もみっしり入れられてますよ@@
だいぶ物語の構成が違うので小説とは完全に別物と考えてもいいみたいです。ですが僕はこっちの方が好きなんじゃないかな?と毎回思います(漫画読んだらそんな感じでした)
// 2010.06.28 // 01:14 // URL // ao // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。