スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 風の名前
2010.07.20(Tue)
ビールのCMで役所さんが「風の名前だけでも2000もある国です」って言うよね@@
良い国だよね~(笑)色の名前もそうだけど日本人ってホント独特の感性(ネーミングセンス)だよね。

 
・春一番(はるいちばん)
春になって初めて吹く強い南風のことで、春の嵐。
 ・貝寄風(かいよせ)
貝を浜辺に吹き寄せる南の春風。
 ・夕凪(ゆうなぎ)
朝夕、海陸風が入れ替わるために風が凪ぐ現象で、それぞれ朝凪、夕凪と言います。夕凪は、夕方、海岸の近くで海風と陸風が交差するとき、しばらく無風状態となること。瀬戸内海沿岸が有名。 対:朝凪(あさなぎ)
 ・花信風(かしんふう)
初春の風。花の咲く時節の到来を告げる風。
 ・光風(こうふう)
春の晴れた日に吹く、ここちよい風。雨上がりに、光をおびた草木を吹き渡る爽やかな風。
 ・東風(こち)
春に東の方向から吹く暖かい風。梅の花が咲く季節には「梅東風」、桜の季節は「桜東風」など呼び方が変わります・梅風(ばいふう)
梅の花は春を告げる花とされています。梅の花の香りをとどけるような風。
 ・彼岸西風(ひがんにし)
釈迦涅槃会の頃に吹く柔らかな西風のことで、西方浄土から吹くと言われます。
・台風 (たいふう)
夏から秋にかけて襲来する熱帯低気圧の発達したもの
・空風(からっかぜ)
冬に吹く冷たい乾いた風。
冬型の気圧配置が強いときに、日本の脊梁山脈を越えて吹き下りてくる、冷たくて乾いた、しかも強い風。関東平野、東海地方で使われることが多い言葉で、上州では名物の一つに数えられています。
 

風の名前の一部。
「東風」は個人的に凄いドキっとする。
ちなみに「台風」は秋の風の名前。
秋なんだね@@
// 09:04 // 今日の出来事 // Comment(2)
<<切れた。 | ホーム | 吃驚仰天>>
コメント
 こんなに!
いい言葉、がたくさんあるのに、
それを知らない、使いこなせない、自分が歯がゆいです。

「空の名前」という写真集もいいですよね。
// 2010.07.28 // 00:54 // URL // やま // edit //
 
確かにいい言葉って大切な時には出てこずにあとから(手紙を書き終えた後など)後悔することが多いです。それだけ覚えてられないこの頭がダメなんですが・・・。

空の名前@@知りませんでした。
また探してみます^^
// 2010.07.30 // 10:36 // URL // ao // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。