スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 有頂天家族
2010.11.02(Tue)
有頂天家族 (幻冬舎文庫)
有頂天家族 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


なんと表現したら良いのか。ほっこり波乱万丈。
猫にうずもれて読むか風呂で読むのが僕はオススメ。
狸、と言っても漢字一文字にまとめるには勿体ないほど人間的で愛らしい狸と天狗と人間の物語。
森見登美彦の本を読んだのは初めてだけどアニメで四畳半神話大系を見た。
京都が舞台。今回もそう。一度地図を拝みながら、いや京都を回りながらここを狸と天狗と人間が行ききしているのかと想像しながらもう一度読みたい。面白い本でした。
// 02:59 // 書籍(雑誌・漫画) // Comment(2)
<<水と人 | ホーム | 出来事の記録>>
コメント
 森見さん。
この方の本、読んだことがないんです。
最近人気の作家さんですよね。

ネコに埋もれて…みたいなぁ。
うちには一匹しかいないので、抱きしめてますが。
寒いと、寄ってきてくれて嬉しい。
// 2010.11.09 // 23:21 // URL // やま // edit //
 Re: 森見さん。
そうですね~最近よく聞くお名前で、バイト先にもファンが沢山いますよ。
この本は本当にお勧めです^^
一匹でも猫は温かいですよ。
よく腕枕をしてもらいます(笑)
うちはもうコタツを出したのですがその中でなんと幸せそうです。
// 2010.11.11 // 12:46 // URL // 青 // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。