スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 Raise a voice.
2010.11.26(Fri)
It is not so in old days when asked whether you raised a voice.
It is only several hours 20 several years ago that it was noisy.
Then I say anything, and there is not it.
Even if I looked and felt it honestly, I hid it.
I understand that I need none of .
It is the flip that the behavior that I do not understand is good.
Even if I hear a sound, and the very front shines aglimmer, it is a mistake.
The commonplace of instant as the person. When it is not my thing.
Such a thing which it does not need.
The story of the dream is irritated with you most. I take a shit whether I know such a thing!
I have not thought that I did not even think that the next person thought about the same thing, and the next person was troubled either.
Understanding it as for the friend. But, as for the friend, it is a share plane.
Then who is not boiled? It is me.
I raised a voice. Toward the mountain and. Toward Mori and. Toward the slope and.
Disappear. I'm sorry. Please forgive it. There is that I said though thank you.
To kana God who had you understand it. What I reflect on.
But reflection is not enough to me.
I want to still cry more. The voice does not yet become refined.
Is there that I said that thank you for a person heartily? Do you want to ask for the permission?
Whom do you want you to forgive it to?
A country. A parent. A fellow worker. A friend. A mountain. A forest. The future. Oneself.
Raise a voice. I abandon shame, and cry.
You should receive that you know only that you cry.
It is interesting to receive the life changing with one solar light.

昔は声をあげていたかと尋ねられるとそうでもない。
うるさかったのは20数年前の数時間だけさ。
それから僕は何も言って無い。
見てきて正直に感じていてもそれを隠してた。
だって誰も必要としてないのが分かってるからさ。
分からないそぶりがうまいのはその裏返しさ。
音が聞こえて目の前がチカチカピカピカしてもそれは間違いなんだ。
人としての一瞬の当たり前。ぼくのものではないんだと。
いらないよそんな物。
夢の話なんて一番イラつくね。そんなもの知るかクソ!
隣の人もおんなじこと考えてるなんて思ってもみないし隣の人が困ってるなんて考えた事もないんだよ。
分かるのは友達くらい。でも友達も分かんない。
じゃあ誰がわかんの?僕の事。
自意識を持て余す今だからこそ尋ねたいんだ。
声をあげた。山に向かって。森にむかって。坂に向かって。
消えてくれ。ごめんなさい。ゆるしてください。ありがとうも言ったことある。
分かってもらえたかな神様には。反省してる事が。
でも僕には反省が足りない。
まだ叫び足りない。まだ喉は枯れてないし。
僕は地に足も付いて無いのについて無い人間に憧れるばかりで姿すらない。
人に心からありがとうって言ったことあるか?許しなんて乞いたいか?
お前は誰に許してほしい?
国か。親か。同僚か。友達か。山か。森か。未来か。自分か。
声をあげろ。 捨てて叫べ。
叫ぶことしか知らない事を受け入れればいいだけだ。
たった1つの太陽の明りで変わってゆく生命を受けいれることは、面白い。
// 01:22 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<home | ホーム | 既望の唄>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。