スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 Faith
2011.03.23(Wed)
As for what is the most important, can one's heart waver at time to write an article?
If one's heart wavers, I think that it is feeling itself.
If a heart is jam-packed when I tell words, it is not the real intention.
I think that there is another answer. But do I need to say particularly?
It is touched the person, and it does not like bodies if a heart becomes cold.
It is not settled in being used to it even if hot. Wait for the time.

The mouth is a shade shade.
The eyes are small, too.
The foot is big, too.
Such I have the love.
There is the heart why forcing it takes its ease, and there being it feels sympathy.
The one and only that I can be proud of is a weapon.
If a cherry tree blooms, I open a mouth greatly and open the naked eye that a cicada called full, and it is what it is much barefoot, and it spends.
Because a heart says so, I have so it.

物を書く時一番大切なのは自分の心が揺れるか。
自分の心が揺れればそれは気持ちそのものだと思う。
言葉をはくとき心が詰まったらそれは本心じゃない。
別の答えがあると思う。でも別に言わなくてもいいんじゃない?
体がその人に触られて心が冷たくなればそれは好きではない。
辛くても慣れでは解決しない。
その時を待て。

口はかさかさ。
眼も小さい。
足も太い。
そんな私にも愛はある。
悲しいも嬉しいも感じる心がある。
私が誇れる唯一も武器。

桜が咲いたら口を大きく開けて、蝉が鳴いたら眼をいっぱいに開き、ずっと素足で過ごすのよ。
そう心が言うから私はそうするわ。

// 01:34 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<world happiness | ホーム | デザインあ>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。