スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 町に血が流れる時
2011.04.13(Wed)
http://hihumiyo.net/machi.html

朝から読んで考える。
どこをどうとらえたらいいのか分からないけど僕にはこわい文に感じる。
ただの「こわい」じゃない。ただ「恐ろしい」だけじゃない。
どこをメッセージとして捉えたらいいのか分からなくて困ってる。
だからこわい。

「いま、いきなり世の中が、違う世の中になったわけではない。」

その通りだとは思う。
でもそれは変わっていないものだけが言える事のような気もする。
本当は左に向いて吹いていた風が右に吹き始めた変化だけでも、僕等は「変わった」と感じなければならない気がする。

変わる前の世の中を(少なくとも)日本人は厳しく見ていない。
だとすれば僕はまっすぐ疑いからはいるべきタイミングをもらった気もするのだが。

変化は変化しないとわからない。
変化は気がついたときが変化だ。
変化は変化を受け入れてこそ変化だ。
と僕は思う。
// 06:59 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<まだつぼみ | ホーム | 弁当という節約>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。