スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 @@@@
2011.07.23(Sat)
「コクリコ坂から」を鑑賞。

吾郎さんどうされたんですか?と尋ねたくなるくらい、全作に比べて完成度が高かった。
建物も人もまさに実写では味が出しにくい部分を出してるって感じ。言えば歌なんかはその重要な部分かも。あんなのは実際やると寒いけど、アニメだから受けいられる。

新しいものに付いて行くだけの今の世の中で、古きものは破壊するだけで良いのか、って学生が討論会を開くところ。
生徒が好き勝手しているカルチェラタン。
町の様子に主人公たちの恋愛。この頃の時代に求めてる雰囲気そのものがありました。

ちょっとずつ引っかかりがあるからもう少し情報含んでからまた見ても面白いかも^^^^
// 01:52 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<はきだす | ホーム | 東京で行くべきは>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。