スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 政の鐘
2011.11.13(Sun)
狐や狸の燃やす蝋燭の蝋が
垂れんと登る昇華の炎に
穂をつけんとすのは
坂道の少女や

モノクロの
迫るや幟(はた)の並ぶ坂道は
右手の小指に煙が蒔かれ
祭りの太鼓を鳴かせ打つ
少女二枚の赤貝よ

昼間の静かさに沈む
仏間の日差しに
法被の兎がこちらをみている

右手を挙げた
少女の襟のこと青い
旗を持って先導す
獣と人の政(まつりごと)
後ろを振り返れば
煙の中の笑い声

陰も謳って笑い合う
祭田舎正午の鐘
// 18:46 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<パンと呪文 | ホーム | 眠りの狭間>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。