スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 似ているそば
2011.11.17(Thu)
最近見つけてしまったものがある。
それは僕が住んでいたころの家にそっくりな「家」。
多分、同じ建築様式なので同じ建築家が設計したものだと思う。
ずっと生い茂った木や草で隠れていたけど、最近刈り取られて誰かが住んでいる様子が窺える。
今までは家の裏にある蔵が似てるなと思ってただけなのだけれど、まさかあんなに瓜二つだとは思わなかった。
周りに流れてる空気はとても暗い。
だけど、僕にはそれが、記憶の中から現実にそのまま過去の姿形をしたものが戻ってきたような単なる
“くすみ”しか感じない。
近づいてみたいけど人が住んでいる以上そうはいかない。
周りはいまだ木々が生い茂るだけで、周りに民家なんかないから理由もなしに入れる場所じゃない。
今は、朝通勤の途中にみかけることが出来るだけ。
その度にこわいけど嬉しいような、それでいて不思議な気持ちになる。
今でも玄関先に豆を広げて干す祖母が見える。
長屋は無いけれどそこに入った時の農薬の匂いを思い出す。
二階の窓の向うは同じ部屋が広がるのかと想像する。
僕もよく閉じ込められたあの倉の扉はやはり白いのだろうかと目にしたくなる。
あの家はとても暗い。だけど、凄く眩しい。
// 00:00 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<やさしいハンカチ | ホーム | 余裕ねー>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。