スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 輝いてる子
2011.12.06(Tue)
http://www5d.biglobe.ne.jp/~calico/04-@spangle/litteraire/litteraire-frame.htm

「少年」の位置づけ。
Sに載ってるの見る度、幸せな気分になります。
そんな小説を読んでるような。

:::

そういえば先日「アントキノイノチ」「supaer8」「カーズ2」を観ました。
後の2本はDVDで前のは映画館で@@

「アントキノイノチ」は微妙。
なんか、死についての職業探せばいいってもないんじゃないか?とか制作側の事考えながら
映画の重要な部分も考えてみたりしたけど結局うまくまとまんなくて終わった。
確かに友達関係の部分はリアルで伝わってきたもんもあるけど、
主人公二人の結びつきがいまいち・・・。てか、最後に納得がいかない。
こんなに傷ついた後にあの結果じゃあ主人公はもうズタボロじゃないと終われないよ。

「カーズ2」は思ったよりメーターがウザかった。
ありゃあ世界に連れ出した側も恥ずかしいよ。確かに度胸のある奴かもしれないけど。
過大評価しすぎな部分に納得がいかず、ポリリズム聞いて終わった気がしました。
話の芯の部分はしっかりしてたから面白かったけどね。

「super8」は思ってたよりも面白かった。
出てくる子達みんな演技が上手い。特にエル・ファニング!
「SOMEWHERE」の時も思ったけどやっぱ凄いね。
てか、警察官の父さんの熱血漢がヤバイ。
一人別の映画に出てるのかと思った。一人アクション。
映画館で見たかったなー@@
詰め込み過ぎだとか聞いてたけどそんなこと無かった。
そんなに新しくは無いけど、合ってもいい映画。
エンドのMY SHARONAが合ってるのだとようやく分かりました。

:::

僕の中でいつも疑問なのが地球外生命体がいつも地球人よりも知能も技術力も高いってところ。
逆にどちらも低くて、地球に侵略されるのを恐れてるエイリアンはいないのかなぁ?
// 22:55 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<気持ち悪い三匹 | ホーム | きみと友達>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。