スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 12,000キロの真実
2012.01.24(Tue)
「マイウェイ-12,000キロの真実-」を観ました。

戦争映画でこんなに泣いたのは初めてかも。
本当に大作だと思う。宣伝もっとしてほしいくらい(笑)
内容は読める熱い感動作で韓国側の俳優がカッコよすぎるんだけど、映像の迫力が凄い。
戦闘シーンに嘘がない感じ。
色んな国の軍服を着ながら自分自身が背負ってる「国への忠誠心」との葛藤で苦しんでいくオダジョーが良かった。
あと、戦争でどう人がおかしくなるのか、戦争がどんな風に進んでいくのか
今まで見てきた映画はやっぱり一カ国に限って話が進んでいくものが多いけど、この映画は色んな国の状況、
捕虜の使い方がどういったものなのかも見れてこっちまで体験してるような気分になりました。

戦争に兵士を向かわせる酷い自分の過去の姿を見るような体験がどんな風に悲しいものなのか
凄く伝わってきました。
オダジョーはやっぱいいなー@@@
// 23:33 // 映画(映像・写真) // Comment(0)
<<こわくて笑える本 | ホーム | 素顔の人>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。