スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 こまごま
2012.05.07(Mon)
東京を回って色々あった事。

ヴァニラ画廊の思い出。

どエロイアートに包まれた画廊。前から行ってみたかった所。
でも、何が展示してあるのか確認せずにいったばかりにとんでもない空間に飛び込みました。
www.vanilla-gallery.com/
ぴんから体操という作家の絵が所狭しと並び、同作家があるエロ雑誌に投稿するもあまりの過激さに
掲載もされなかったアイコラ・コラージュ作品が天井から吊るさせており、絵がびっしりと
ならんだピンクの壁は異色しか言えませんでした。
昔大学にむちむちの女の子を何枚も書く先輩がいましたがそれ以上に変態臭の漂う作品群でした。
別に嫌いじゃないですが、本当に好きでもない。
しかも、画廊にいる方が僕にしきりに説明する。本当に反応に困り、焦りました^^;笑
8日(火)はリリーさんと誰かがこの作家について対談するらしいですよ。
すげーなー。エロの範疇が広い。

朝食の思い出。

朝食に選んだ海鮮丼。本当であれば僕は焼き魚が食べたかったのですが、築地ではそういうものが
無く、ほとんどが海鮮丼か握り鮨のお店が軒を連ねていました。
新鮮なものを出したいから?焼くなんて殺生はしないんでしょうか?@@
この日は生憎漁の方はお休みだったらしく、やっていませんでした。
ですが観光客の量は多く、朝からテリーさんの実家がやってる卵焼き屋は列が出来ており、
お店の方も朝から呼び込みをかなりかけていました。
僕が選んだお店は他の店より値段が安いお店で、でも凄く美味しかったです。
しかも、雰囲気が凄くアットホームで一人で海鮮丼をほおばる僕をカウンター越しに作業をしながら
見つめるおばあちゃんが素敵でした。
一度注文を間違えて出された時もみんな僕が注文したのを覚えててまちがえた大将に全員でツッコミ入れてたし、「言わんと高いの出されるで!」と笑いながら言ってくれたのも嬉しかったです。

渋谷の無視。

渋谷に入るとすぐに同い年くらいのスーツのお兄さんに声をかけられた。
かけられた瞬間「危ない!」と思って無視した。
目が合ったのにあんなにハッキリと人を無視した気がします。
でも、後になって気になって仕方がありません。

バスの思い出。

東京のバスはこっちの乗り方も料金の支払い方も全然違う。
東京は前乗りの先払い。こっちは後ろ乗りの後払い。
美術館の帰りに乗ったら運転手に何から何まで説明されて乗った。
なんであんなに違うんでしょう?
親は向うでは払わない人もいるんじゃない?と言ったけどそんな理由なのかな?
でも、両替したらもうちゃんとお金が取られてるなんて驚いた。
「入れないで!」と運転手に支払いを止められた時は目がクルッってなりました@@@
外国じゃないのにバスにも乗れないなんて、出発できるのか!?と。

銀座の歩行者天国の思い出。

ビルを見ているととても面白かった。
歩行者天国も最初はあまりに人が多すぎてついには道路が決壊したのかと思いました。
・・・田舎人やね^^;
でも、みんな銀座で混雑していたのはどこもファストファッションのお店ばかり。
これは東京でみても岡山で見ても一緒だなと思いました。

格安高速バスの話。

最近あった事故のせいでもういくのもどうしようかと思い悩んでいました。
しかし、行き3700円、帰り5000円の料金設定に目がくらみついに足を運んだわけですが
岡山から東京が3千円台というは奇跡だと思いました@@
しかも、内容は至って地元の大きなバス会社と変わらないサービスにバスも普通。
今まで行きだけで8000円くらいだしていたのが嘘みたいです。
価格競争というヤツでしょうか。運転手さんはさぞかしシャカリキで働いてるでしょうね。
しかも、今年は観光に出かける人が多いですから。
でも、僕の乗っていたバスも休憩は多かったですが運転者さんはずっと一緒でした。
あんなに長い距離だとやっぱり運転変われるスタッフがいたほうがいいですよね@@
乗務員はいたみたいですがうずっと話をしているわけにもいかないですし、そういう点(走行距離の短縮化と運転手の2名以上の同行)が義務になれば安心なんですけどね。
でも、これくらいなら普通に休みができれば遊びに行ってみたいです。
どうか今日乗っている運転手の皆さんも頑張ってほしいですね。
// 19:54 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<Ken Araiという人 | ホーム | 初めての一人関東>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。