スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 
2012.08.22(Wed)
その時こぼれたのを君は丈の長いスカートで拭った
革命家の額縁に目を向けても僕の心には何も浮かばない
解決と風が混じり合い後ろを流れ行ってしまった
海はお好きですか?
山には行かれるのですか?
君が君を抱きしめる音が二階にも響いた
僕の白いシャツは振り向いたしわで汚れていた
足元の虫たちは聞いているだろうか
地面はお好きですか?
青いのだろうあの空に投げた石は届かない
浮かんでいるという白い物体はどこへ流れていくのだろう
運転手がみな僕を見ながら通り過ぎていく
彼らには僕のしわが何にかに見えているのだろう
街歩く人は僕の眼の前でどちらへいくか迷っている
彼女も
そして僕も
帰ったら洗濯をして出直そう
山にでも海でもどこへでも
黒い波紋が僕によじ登ってくる
彼等はいつも行き先を探している
// 01:30 // 今日の出来事 // Comment(0)
<<ARTIST | ホーム | ボクノコトバ>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。